第7回オール小嶋セミナーIN岐阜

180分たっぷり小嶋先生

12月7日(土)2019年

13時から16時  12時30分受付

 

【セミナー会場】ワークプラザ岐阜  4階 会議室        

近くに駐車場所もあります。

〒500-8163 岐阜市鶴舞町2-6-7 

岐阜駅から徒歩15分         定員78名 お急ぎください。

講座予定

 【1】知っておくべき特別支援教育 基本と応用           

 教師のカン・気分・経験から指導をしていませんか?子供の行動には意味があります。なぜそのような行動をするのか?「へー」「そうだったのか」と科学的な根拠から特別支援を学びます。
【2】幼稚園・保育園、県外からも引っ張りだこ 研修の現場を体験 
 県内の幼稚園・保育園から数多く講師依頼がある小嶋先生。それは、子供の行動を分析し、どう対応していくのか明確にしていくからです。アセスメントの仕方やどのように声を児童生徒にかけるのがいいのかその場で研修を通して学べます。初任者研修・校内研修でも語れます。

【3】海外の授業・ユニバーサルデザインの授業、学級経営とは  

 毎年、海外で研修されている小嶋先生。クラスには色々な実態があります。教科書をどのように扱えば全員の自己肯定感が上がるのか?どの様なシステム・モノがあればいいのかグローバルな視点で紹介いただきます。
【4】小嶋の授業 体育、生活単元など全て公開   
 学年も実態も違う支援クラス。交流の時とそうでない時、全員で行う体育など、どんなシステムで教科を行っているのか?映像を交えて解説します。
【5】小嶋の授業 The・道徳 

 学級経営の扇の要と言われる道徳。クラスの力が上がる、心に響く道徳の授業が体験できます 

【6】小嶋の最先端

 サマーセミナーや合宿での授業だけでなく、会場のニーズに応えて何でも答えます。気になっているモノ・本なども紹介いただきます。

講座申し込みは辻井まで

こちらからお願いします。

URL:https://ssl.form-mailer.jp/fms/32a0b8e4461195

フォームメーラーからが便利です

 

もしくは辻井123kou-t-21@nyc.odn.ne.jp まで

迷惑メール対策で123をつけています。 123を消してメールください。

 本文お名前住所メールアドレス

資料代はMLで

当日申し込みより事前に入金し早期割引がお得です。

 

参加者の感想

障害の名前が分かると、教師はその名前で逃げているという指摘をいただき、確かに、「だからできないんだ」という理由にしていました。スモールステップの指導には、気の遠くなるような手立てがありました。無理矢理、手をひっぱたり、大声を出してはいけないのです。いやな記憶が、その子が進めなくなってしまう原因を作っているので、ますます支援の必要な子を増やしてしまうのです。

 「できなかったこと」が少しでもできたら「できたね」と概念を教えていくことが大切だとお聞きしました。(愛知県 女性)

オリヒメの授業は、本当に素晴らしかったです。「死にたい」と思っていた患者の方が、「未来への希望をもって生きる」ようになる。子ども達に伝えたい、と言われた小嶋先生。思わず、そうだ!と声が出てしまいそうでした。どのようにアセスメントするのか。何を根拠に判断するのか。そして、どのような手立てがあるのか。目からうろこでした。特別支援教育の基本と応用についても「指導の困難さ」を、どう測るのか。まったく、わかっていませんでした。学び続けることの大切さを、改めて感じました。小嶋先生の、特別支援教育の実践が、絶え間なく進化と深化を続けていることを、実感しました。即、来年度のセミナー参加申込みをしました。(三重県男性)

短期記憶は20秒で90%以上忘れる。1、2年生は、記憶の保持は1つか2つ。すぐに答える子を注意していましたが、「忘れちゃうから、早く言っちゃう。」ということ。子どもたちが集中している時に、何かをしゃべったり、手を挙げさせたりすることも、妨害刺激を与えているとうこと。実際に部外刺激を与えられた時の、頭の中がぐちゃとする発達障がいの子の感覚や気持ちを体感できました。妨害刺激を与えないために、10文字以内で、1つだけ示す。ワーキングメモリに入る言い方をする。こちらに注目させてから、指示。ゆっくり言う。怒らずに、何度か伝える。やる気がなかったら、聞き返さない。やる気があるから、聞き返す。大事なことは、3度繰り返す。しかも、やさしくなっていく。視覚を使って作業している時は、新しい口頭指示をしない。問題行動を起こしている子の「目線」を見る。子どもの手を引っ張らない。(愛知 男性)

小嶋先生の、「どの子にもやさしい学校生活を」という熱い思いが溢れたセミナーでした。やはり、学級の土台は授業。そして、学習に参加しているが理解や習得・活用が難しい子をよりよい方向に導くことの大切さを改めて感じました。また、どの子にもやさしい対応の仕方を学ぶことができましたWakuta Modelという子どもを見る視点を学ぶことができました。今まで、教師の直感や経験で子どもをみることしかできなかった自分に、明確な言葉で見る視点を持つことができました。子ども一人ひとりの特性に合った対応ができるようになるとともに、抜本的な改善策がいくつも実践できるのでは、と嬉しくなりました。ご自身の実践や学ばれていることを惜しげもなく伝えて頂きました。ありがとうございます。

(岐阜 20代男性)

特別支援の基礎を丁寧に教えていただきとても勉強になりました。ドーパミンのことや誤学習をさせない対応など小嶋先生に教えていただくとわかりやすいです。学校でさっそくいかせる、同僚に伝えることができる内容ばかりでした。エビデンスに基づいた対応は今後、学校で合理的配慮を考える際の参考になりました。(岐阜 女性)

 

先生ポータルからも受け付けています

https://senseiportal.com/events/46264

 

午前は小井戸先生の講座もあります。

詳しくは辻井まで。